• ホーム
  • 最新情報
  • 企業向け情報
  • 研究者向け情報
  • 一般の方への情報カルニピュア
  • ブログ
  • お問い合わせ
カルニピュアランド
  • カルニピュアランドトップへ
  • L-カルニチンとは?
  • L-カルニチンの働き
  • 日本人にとってのL-カルニチン
  • 基礎代謝UPで肥満と戦う
  • L-カルニチンのなるほど!クイズ
  • L-カルニチン早わかり(お時間のない方へ)
  • L-カルニチンの効果的な摂り方
  • ロンザ社のL-カルニチン カルニピュアTM
  • FAQ

PDFをご覧になるには、最新のAdobe Acrobat Readerが必要です。
こちらからダウンロードいただけます。
get acrobat reader

L−カルニチンとは?

脂肪をエネルギーに

L-カルニチンは特殊なアミノ酸の一種で、体内の脂肪を燃焼しエネルギーに変えるための必要不可欠な栄養素です。

イメージイラスト

区切り線

肉の赤身に多く含まれる

L-カルニチンは通常体内の肝臓で少量(1日約10mg)が作られますが、卵・豆・野菜類にはほとんど含まれず、その多くは羊肉や牛肉などの食物から摂取されます(日本人平均1日75mg)(1)
L-カルニチンという名前は、「肉」を意味するラテン語の”Carni(カルニ)”に由来しています。「カルチニン」ではありません。

食物に含まれるL-カルニチン量

区切り線

加齢とともに減少

L-カルニチンは、20歳代をピークに加齢とともに減少し、体内で不足するようになります(2)

ヒト骨格筋中のL-カルニチンレベルの加齢変化

区切り線

健康維持とスタミナアップ

L-カルニチンを適切に摂取することで脂肪が燃焼し、結果としてどんな用途にも使えるエネルギーが生み出されます。余分な脂肪の消費は健康的な体重管理やメタボリックシンドローム予防、高脂血症・動脈硬化などの生活習慣病予防につながります。
また、エネルギー源としての脂肪の利用を通じて疲労回復やスタミナアップ、スポーツや日常生活におけるパフォーマンス向上、基礎代謝アップ゚などが期待されます。

「確かな素材」L-カルニチンを支える研究論文

世界で1日1件以上の割合で発表されているL-カルニチン論文

全世界約70カ国、5,200誌以上の医学雑誌を情報源として収録した、世界でもっとも権威あるライフサイエンス関連検索データベースであるPubMed(パブメド)*によると、L-カルニチンに関連する研究論文は非常に多く、2010年の実績で572件/年、過去5年でも480件/年を超え、ほぼ1日に1件以上の割合で発表されています。
「脂肪燃焼」を核とした研究分野は多岐にわたり、他に類をみない、研究に支えられた「確かな素材」として、L-カルニチンに対する世界的な注目と期待が伺えます。

研究論文実績推移グラフ

※米国国立医学図書館(U.S.National Library of Medicine)が提供する、医学文献二次情報データベースMEDLINEを中核とする無料医学情報サービス

[引用文献]
(1)ロンザ社調べ
(2)Costell M. et al Biochem Biophys Res Commun 161: 1135 (1989)
(3)ロンザ社調べ

 
かなりまじめなダイエット〜はずせないのは「筋肉」のこと〜L-カルニチンがあなたの『メタボ習慣』に負けるときスポーツにL-カルニチン L-カルニチンでベストコンディションを目指せ!「朝ごはん」にL-カルニチンをプラス! 脂肪燃焼、エネルギーUPブログの本棚カルニピュアなんでも相談室