L-カルニチンがあなたの「メタボ習慣」に負けるとき

L-カルニチンは、「脂肪と直接結合し、脂肪をエネルギーに変える過程をサポートする」他の栄養素には代替できない役割をもつことと、その働きを科学的に示すための研究事例やエビデンスが豊富なことによりメタボリックシンドローム対応素材として期待されています。

2008年4月より特定医療健診制度が導入されました。厚生労働省によるメタボリックシンドローム診断基準の発表以降、さまざまな立場から予防・改善の必要性が話題となっています。 ・・・とはいうものの実際には、「予防・改善に取り組む気にならない」「何をしていいのかわからない」という方が多いとも言われます。メタボリックシンドローム予防・改善の方法はたくさんありますが、ここでは「行動変容」にスポットを当てて「脱メタボ」を考えてみました。また、「メタボ」が発病にいたったとき、どうなるのか・・・「メタボリックシンドロームの何が本当に怖いのか」を取り上げ、メタボリックシンドロームの警告に込められた真意と現実についても考えてみました。

次のページでは、「行動変容」にプラスすると強力なサポーターとして活躍する「L-カルニチン」についてご紹介します。

メタボリックシンドロームに「勝つ方法」を科学する

メタボ=腹囲85cmじゃない

「おなかポッコリ」というだけで「メタボ」と呼ばれるほどにメジャーになった「腹囲85cm」。けれども、メタボリックシンドロームは腹囲85cmのことだけをいうのではありません。腹囲に加えて血糖値・コレステロール値や血圧などその他2項目の数値の異常が診断基準となります。数値が異常を示すそれぞれの項目を「イエローカード」に例えると、イエローカードが3枚そろってはじめて「メタボリックシンドローム該当者」となるということです。

内臓脂肪型肥満+(高血糖or血中脂質異常or高血圧)=メタボリックシンドローム該当者

しかし、意外と知られていませんが、イエローカードを1枚でも減らすことができれば発病に至るリスクは激減するということも重要なポイントです。

勝てない人のパターンに学ぶ

心理学の用語で「行動変容」という言葉があります。「行動変容」とは、習慣化された行動パターンを変えることを意味します。メタボリックシンドロームは、食生活や運動などの生活習慣をいい方向に変えること、すなわち「行動変容」なくしては予防・改善ができないと言われます。そこで、「行動変容」を軸に、「勝てない人」のタイプを考えてみました。

行動変容のパターン、Aタイプ・行動変容をおこせない Bタイプ行動変容を維持できない Cタイプ行動変容を起こしたつもり→「メタボリックシンドロームのなにが怖いのか」から考える

△TOPへ

「メタボ」の警告に込められた真意と現実

誰かに「おむつ」をはかせてもらう自分(!)を想像してみてください

ところで、メタボリックシンドロームの警告に込められた真意とは何でしょうか?
メタボリックシンドロームが進行すると、心筋梗塞や脳卒中になる危険性が非常に高くなると言われています。医療技術の進歩により寿命が延びた一方で、発病後「要介護(寝たきり)」の高齢者が増加する・・・ということが予想されています。これがまさしくメタボリックシンドロームの警告なのです。つまり・・・「要介護(寝たきり)」になるとは・・・「おむつ」をはき、誰かにその世話をしてもらう状態に他なりません。
寝たきりになるということは、本人の心理的苦痛だけでなく、家族全体の生活にも影響を及ぼします。そういう意味ではメタボリックシンドロームは高齢者だけの問題ではなく、介護にあたる若・中年世代を含む家族全員、ひいては社会全体のQOLの低下につながるのです。私たちが今後、長寿社会の中で暮らす以上「メタボ」は他人事ではありません。

腹囲85cm以上・内臓肥満・メタボリックシンドロームで発病→中高年者本人のQOL低下及び社会全体のQOL低下

しかし、メタボによる「寝たきり」を回避するのは実は難しいことではありません

メタボリックシンドロームという状態は「病気のぎりぎり一歩手前」の状態を指します。発病してしまうともはや手遅れですが、下の図のとおり発病までのプロセスは非常に明快です。がんや花粉症のように発症の原因や進行の道筋が特定できず治療法も複雑な疾病に比べると、その主な原因は「内臓脂肪」であることが特定されており、進行の逆をたどることで確実に予防・改善が可能であると考えられます。

メタボリックシンドロームの状態・運動や食事制限により、メタボリックシンドロームのプロセスを逆にたどれば、脱メタボリックシンドローム

先に述べたとおり、「行動変容」により上の図の矢印の逆をたどり、診断基準項目の中の「イエローカード」を1枚減らすだけで発病のリスクは激減するのです。

△TOPへ

次のページでは、臨床事例とともに「L-カルニチン」についてご紹介します。「脱メタボ」に向けて「行動変容」にプラスすると強力なサポーターとして活躍します。番外編として、L-カルニチンを使いメタボの危険域をクリアしたダイエット体験記もご覧いただけます。

その他のL-カルニチン情報

その他のL-カルニチンキーワード

△TOPへ